家探しで間取りをチェック

家探しで譲れないポイント

  • トップ /
  • 家探しで譲れないポイント

家探しの際に重要視するべき点

家探しの際は、築年数、家賃、通勤時間などのいくつかの条件で候補物件を絞り込んできますが、その中で間取りは家探しの最重要ポイントです。間取りは契約の交渉でも変えられることはできず、他の条件を優先し妥協してしまうと後々に大きなデメリットに繋がります。築年数については実際は室内がリノベーションによって新築同様になっていたり、分譲物件の場合は築年数の割に設備が充実している事が多いため条件はゆるく設定することで物件の選択肢が増えます。また家賃については即入居の提案による家賃交渉や、不動産の管理会社やオーナーとの関わりによって礼金をなくしたりフリーレントをつけられる可能性もあります。月の家賃が予算より上がってしまっても年間で均すと条件内に収まることもあるため交渉する価値があります。しかし希望の間取りについては、妥協することによって十分な収納スペースが確保できず収納を新調したり、持っていた家具が使えないために買い換えるという出費に繋がります。家賃や築年数を優先し間取りを妥協することによって快適な生活が送れないことは、大きなストレスになり短い期間で再び転居する可能性があるため、家探しにおける間取りの重要性はよく考慮する必要があります。

↑PAGE TOP